高機能・穀類洗浄機の専門メーカー

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.075-491-2216
トップページ > QandA

QandA

Q:洗米工程も兼ねて酒米をポンプで浸漬タンクに輸送してます。米は綺麗に洗米されていますか?

A:洗米は明らかに不十分です。この場合は洗っているというより「ヌカのついた米」が速く移動している状態です。 水で流すという事と「洗う」という事は少し違い、ポイントは米からヌカをどのように分離させるかです。 米からヌカを分離できなければ、どんなに強いポンプで送っても綺麗にはなりません。

Q:「磨き小豆」を使っています。艶々してきれいですが汚れていますか?

A:非常に多い質問であり、認識の難しいところです。 「ピカピカしている=綺麗」というのは当然の認識です。しかし厳密にはそうとも限りません。 磨く際に使用する布が全く汚れてなければ綺麗になるでしょうが、毎回新しいものを使う事はできません。 また処理中に拭取った汚れがどんどん布に蓄積して、その布で磨いていく点も考えなければなりません。 磨く以上ピカピカ光るのは当然です。しかし目には見えない汚れを擦り付けている事も考える必要があります。

Q:黒ゴマを洗うと皮が剥がれて白ゴマが混ざっているみたいになります。それと鼻付く匂いがするのは何故でしょう?

A:まず洗浄時間が長すぎないでしょうか?皮がふやけて剥がれているのです。また匂いの原因は土壌の砂であり除去が不十分です。 洗浄時間と汚れの取れ具合は比例するとは限りません。ゴマはとにかく素早く洗浄するのがポイントです。 是非一度御相談下さい、その二つの問題を解消致します。

Q:ザルに小豆を入れて洗っています、汚れがすごいので何回も水を換えます。でも本当にそんなに汚れているのでしょうか?

A:それは汚れだけではなく「小豆の皮」ではないでしょうか。ザルと接触することで表皮が削り落ちてしまっているのです。 表皮にはポリフェノールなど多くの成分が含まれる大事な部分です。また削り取られる事で色の薄い餡子になってしまいます。 洗い方で大事なことは表皮を傷めずに汚れ・雑菌だけを取り去る事です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 吉崎特殊工機 All Rights Reserved.